復縁工作の料金を抑えたいなら「実稼働制」の料金システムを採用している業者を選ぼう

admin

○復縁工作には高い費用がかかる復縁工作業者の料金システムは、業界内である程度決まったかたちというのがありません。いくつかのパターンに分かれてはいますが、それとは別に独自のプランを用意している業者も多くあります。復縁工作を依頼するには、かなり高額の費用がかかります。料金を節約しようとすればその分復縁の成功率も落ちることになるのであまり出費を抑えるというわけにはいきませんが、必要な分以上に支払いたくないというのは当然の消費者心理です。

○無駄遣いをしたくない人におすすめの「実稼働制」「必要な分はちゃんと支払うけれど、できればなるべく安い金額で依頼したい」「必要最低限のプランで依頼したい」など、そういった人に向いている料金システムのひとつが「実稼働制」と呼ばれるものです。実稼働制とは、工作活動に必要な期間や依頼の内容によって料金を決めるのではなく、工作員の実働回数によって料金を決めるシステムのことです。といってもその都度支払うというわけではなく、あらかじめまとまった金額を支払っておき、実働回数に応じて足りなくなったらまた追加で入金する、依頼終了時に残っていればその分を返金するというかたちになります。復縁工作業者の料金システムには、ほかに契約期間の長さや依頼のむずかしさによって料金を決めるものもあります。数ヶ月で済めば楽ですが、なかにはそうならないケースの依頼も多く、その場合復縁するまで依頼を延長することになり、さらに延長した期間分の支払いをしなければいけません。そういった料金システムよりも実稼働制が若干お得なのは、何カ月契約していようと直接ターゲットに会う頻度はコントロールしきれるものではないからです。工作活動中、長い間会ってもらえないこともありますし、逆にこちらが作戦の一環としてしばらく会わないでおくということも考えられます。期間によって料金を支払うと、このなにもしていない時間にも料金が発生していることになりますよね。実稼働制では、実際に動くときの分しか料金が発生しないので、依頼者側としてもどんなことに経費が使われているかわかりやすいというのも利点のひとつです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です