場合によっては復縁工作で海外までも!復縁屋の仕事とその相場

admin

復縁屋が復縁工作を行う場合、工作員はターゲットに接触するために、ターゲットの通うジムに入会したり、アルバイトに登録したりと、様々なところに潜入することになります。そこで人間関係を構築し、ターゲットの意思の決定や、思考にある程度影響を及ぼせるようにしていくのです。そういう意味では工作員とは、どのようなことでもある程度はそつなく行える必要があります。ターゲットのいる場所状況によっては復縁工作員は海外でも出向いていくことがあります。依頼人と恋人が海外赴任がきっかけで遠距離恋愛になり、恋人にどうも現地で恋人ができたような気がする、との相談を受けた際、まずは面談を行い、メールや電話で定期的な連絡を取り、状況が好転しない場合は出向いていくことになります。

必要があれば地球の裏側でも出向いていくはずですが、出張費や現地の滞在費は当然依頼人が支払うことになります。ただでさえ、復縁屋を雇う、というのは非常にコストがかかることです。その相場からさらに海外での活動まで、となると膨大な費用がかかることになります。金銭的な余裕がある人ならば可能でしょうが、一般的には簡単ではないかもしれません。 海外対応のできる工作員大手の復縁屋になると、外国語に長けている工作員も抱えています。もし海外での活動が必要になった場合でも対応が可能ですし、大手であるということは、全国に事業所があり、たとえ海外とまではいかなくても、全国的な範囲で行うことも可能なのです。社内恋愛がきっかけの交際で、そこからの破局だと依頼人もターゲットも同じ社内にいるため相手の調査や行動把握も簡単ですが、遠方に離れてしまうとそれが難しくなります。小規模の事業所だと遠方のターゲットを調査するために出張費がかさんでしまいますが、大手の事業所だと直近の事業所から工作員を派遣させれば済む話なので、その分費用もかさまずに済む、というメリットがあります。以上のように復縁屋の世界でもスケールメリットという考え方があり、他社との競争力も強くなっていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です