夫婦の復縁工作でかかる料金

admin

別れた原因が重要一度別れた夫婦が復縁する場合、離婚しているか、離婚はしていないが別れた状態なのかで、復縁工作の方法は違いますし、それにより料金も変わってきます。夫婦の復縁工作の場合は、どちらかが離婚したいと思っている原因は何か、うまくいかない原因はお互いにあるのか、それらの原因を踏まえて、もう一度夫婦としてどうやってやり直していくのかが、重要になります。また、どちらかが離婚したがっている本当の理由を隠していることもあるので、その本当の理由が何なのか見極めて、その理由を除いて復縁工作を進めていくことも大切です。

できれば離婚する前に復縁工作夫婦とは、結婚を決めた当時はお互い真剣に「この人が必要」と思ったはずなので、何か問題があっても簡単に離婚を考えずに、じっくりと対処していくことが大事です。離婚して落ち着いてから、復縁工作を考えても良いのでは?と思う人もいるでしょうが、できれば離婚する前に復縁工作を行った方が良いのです。なぜなら、一方が離婚を迫る本当の理由が、愛人がいて「離婚してくるから、一緒になろう」と約束していた、という真実が隠されていることも考えられるからです。最悪の場合だと、知らないうちに、勝手に離婚届を提出してしまった、ということもあるのです。

離婚が受理されて、相手は愛人と一緒になっていた、なんてことにならないためには、「離婚届の不受理申し立て」を提出しておくと良いでしょう。離婚してからでは、厄介なことが出てくるので、夫婦の形を続けているうちに、復縁工作を依頼するようにしましょう。離婚を迫る原因に、夫婦のどちらかに愛人がいる場合、復縁工作を依頼しても難易度が高くなります。また、愛人との関係を終わらすには、「別れさせ屋工作」が必要となることがあるので、その費用もかかります。別れさせ屋工作の料金は、案件によって違いますが、相場として100万円~300万円と言われています。